STAR*COMIC2

そーうけとメガネが大好物な、平井みのこ の痛い日々日常。

タグ:バドメン

N駅近隣に某メイトさんがあるってまじかよ……まあ、行くにしても車だろうし付近の駐車場問題が課題(無理)と言うか、普通に途中から駅まで直通バスとか使った方が未だマシじゃあるまいか…。 

こないだ、諸事情で家族の送迎で早朝にあの辺まで行きましたけど途中で道に迷ったんで以下略。 


それはそれとして、ぜつちるとバドメンの新刊を予約してるけど発送がゆうパケットって言うから届くのたぶん週明けです…ないてなんかない…_(:3 」∠)_ 
送料云々以前に、再配達の手間とか踏まえてメール便利用なんですけど、郵便屋さんはあんまり冒険してくれないので強引に郵便受けに突っ込んでみて入らなければ再配達なんだよなあ…申し訳なし…(;´Д`) 

黒猫さんとかは無理やりドアに括り付けてくれるけど…。



以下、サンデー感想33号~35号まで。




続きを読む

誕生日でした……前の日記の次の日辺りが(白目) 
その後、免許更新と機種変やって、未だにスマホの設定中途半端だったりするんですけど、前のスマホがWi-Fi繋げば楽勝で使えるので実質2個持ち状態最高!!! (ヤケ) 

スマホの保護フィルム、マットなやつにするんだったなあ…(;´Д`) 


そんな訳で、誕生日に自分が楽しい感じのやつを描いてたので好きなメガネ詰め合わせ。
メガネいっぱいコレクション

時間の都合で人数絞ったり服適当です。

皆本とシロエさんと三雲修くんとコナン君と、あとコソっと練習描きした勇利さんと新八…の本体。




以下、サンデー感想。30~32号。続きを読む

星史くんおたおめー(*´Д`) 

dgs170604m


と言うことで、星史くんの誕生日に(間に合ってなかったけど)描いたものを今更浮上してアップするテスト。
いますごいツールに飽きてる時期と言うか、たぶん他の…メディバン辺りに移行するチャンスっぽいんですけど、如何にもこうにもと言うか、たぶん脊髄反射で何時ものソフト使ってるんだと思います…。 

なんか黒(っぽい)背景がなんかすごく苦手なんだよなあ…せめて色とか変えられないかなあ…(;´Д`) 



と言うことでサンデー感想。
今週分まで盛り込もうと思ったら4号分とかだったんで、取り敢えず2号ずつに分けて26号と27号。




続きを読む

気付いたら、明日から6月とか…(;´Д`)  
取り敢えず来月から本気出s(略) 

なんだかんだで、去年から機種変タイミング逃したまんま1年以上経ってしまったんで、重い腰を上げてそろそろいい加減、スマホ内データを如何にかしたいと思います…。

スクショとかもそうだけど、アレとかコレとか録画しててまだ見てなかったん_(:3 」∠)_ 




サンデー感想、22-23号、24号、25号。



続きを読む

本日連投です。

諸般の事情でコナン映画観てきました。 前売り便利ですよね…行くタイミングをチクチク調整しなくていいし。
まああんまり空いてるときに行くと、映画館の人の人員足りなくて申し訳ない感じになりますけど…(;´Д`) 

日本よ震えて眠れ


そんな訳で簡単に感想文。

もうまごうことなく、服部くん…と言うか和葉ちゃん映画でしたほんとうに有難うございました。
和葉ちゃんカワイイ…カワイイだけじゃなくて、ひょんなことから紅葉ちゃんとの勝負を受けることになるけど、その辺の覚悟を決めるさまとかもうカッコいい。
紅葉ちゃんとかも序盤とか原作の印象だとアレだけど最後まで見ると印象変わるし、恋する女子はカワイイしカッコいい…(*´Д`)

あとまあ諸々の原因と言うかなんというか、だいたい服部…お前の所為じゃねえかwww 


コナン映画、しずのかんとくになって(確か15作目あたり?)から、作中における火薬量が増えた印象がありますけど序盤からハラハラシーンとかあると飽きませんね…その上、今回は割と伏線が分かり易く丁寧で、そのうえ本筋と関係ない所に細々と遊び要素があるので、犯人とか分からなくても楽しめると思います。
しかし今回の犯人の犯行動機は割とまっとうかなあとも思うけど、結果的にトップクラスで業が深くなってしまった感がしますね…何がとは言いませんけど。

以前のサンデーの表紙(13号だったかな?)に、百人一首の札が出てますけどあの謎もED後まで観て戴くと分かる仕様になっています。札のチョイスが正直謎で首かしげてた…。 
次回作予告と相まって「日本よ震えて眠れ」状態になってるの笑うw 

それはそれとして、これ読んで観に行く人がいらっしゃるなら、服部くんが「コナン(くん)」と呼んでる回数数えてきて貰えると割と良いトリビアになるんではないかと。



以下サンデー感想、18号と19号。




続きを読む

このページのトップヘ