STAR*COMIC2

そーうけとメガネが大好物な、平井みのこ の痛い日々日常。

タグ:べるバブ

文章を書く事は本当に難しい。

同人でチラシとかガンガン作ってた時代からのオタクで、限られたスペースに文字を捻じ込むって事を重視していたから、本来の文章だとか原稿を書く為のルールとか色々二の次だった訳ですよ。そらもうカッコは半角だし句読点も可能なら省く。漢字も多用しなきゃスペースに収まらんと言う。

そう言った癖が未だに抜けてなくて、例えばブログだのpixivにアップした文章だの小説だのはもう紙の原稿には向かないのかもなあ…手直し作業とか(自前コピー本なら行けるかもしれないが)無理だろうなあなどと。

また誤用や誤字(をツッコまれるの)がこわいから、確認が必要なほど難しい言葉は別の言葉に言い換える様にしている。しかしその割に素の文章が割と固い感じなのは仕様なのでご了承ください。
あと「ほど→程」とか「こと→事」とか良く使う言葉に限って、割と漢字と平仮名混在してるわ統一されてないわで申し訳ない。統一しようと思っても途中で忘れるんだもん(白目)。
キャラ名とかは原作が手元にあっても、割としつこくウィキペディアさんとかネット検索だとかしてたりするなあ…。人の名前は間違えてはいけない(でも自信ない)。


個人的に読み易ければ、絵文字とか文章ルールとか三点リーダーの使い方とか気にする必要ないんじゃないかな(と言うか自分があまりちゃんと勉強していない)と思う派だけど、勉強しなくて良いって事は決してない。
知ってるから出来る事ってのが多くある訳で、最初から調べないのは論外だよなあ…。
ルールが分かる事で、読み易い文章にも出来ればよみづらいぶんしょうにもできる訳で。

しかし「決まりごと」に拘り過ぎると書けなくなる「ハードルが上がっちゃう」ので、それも如何かなあ…。
「読み易けりゃ良いんじゃね」を免罪符にしたいけど、大体そう言う事言う人の文章は大概アレなので私の文章も結構アレだと思います。

思うところがあって恐ろしく長い文章を書きたいと思っているのだけど、Twitterに張り付いてると長文を書く能力がガンガン削られるのな…(今週のひどい言い訳)。



と言う事でジャンプ感想。


続きを読む

ここんところ、結構コミック関係買い漁ってますね…ジャンプ系中心に…。

三雲くんは良い眼鏡


と言う事で、今度はソウルキャッチャーズとワールドトリガー、各2巻まで。ソウキャ1巻とワルトリ2巻が在庫切れしてて焦ったわ…俺の三雲…。

そして来月は、ワンパンと斉木楠雄とワルトリ3巻だったかな…珍しく予約済。
と言うかサンデー系の特典状況が良く分かんないから予約出来ないってだけなんだけども。


それにしてもソウキャ登場人物の身長設定が、神峰と同じとか谺せんせいよりちょっと高いとか、何なんだよふざけんなレベルでフワッフワで並べる時に全員描かなきゃ対比が分かんないんじゃないかと言う恐れ…いや多分かかないとは思うんだけども。
あと、この作品を読んだきっかけが「何この高校吹奏楽部設定な賢皆賢(※神峰の能力的な意味で)」とかそんな残念なアレだし、吹奏楽の知識は殆どないので大変申し訳ない。小学校の時にトロンボーン一瞬触ったくらいだ…。
絶望的に肺活量とか体力が足りてなかったり、マウスピース鳴らせるけど音階出せなくて断念した思い出。

しかし2巻の表紙とか見てると、神峰くんがヒノミヤにしか見えんのですが…あの声で脳内変換される残念な脳みそ(白目)。そうなると伊調は学ラン繋がりで兵部…と言うか(未だあんな事になる前の)京介くん辺りか。



あとまあ、何で私は没個性系メガネに弱いんだろうか…新八とか三雲くんとか。
主人公なのか如何かも良く分からんのに皆本とか(言っちゃった)!!!

いや、新八は違うな…皆本は微妙だけど。何故かチルドレンよりキャラ紹介順の序列が上っぽい(今後、如何なるかは知らんけど)。




続きを読む

今年の年始くらいからプリンターの調子が悪くて、年賀状とかは騙し騙しプリントしたものの、ご臨終状態なので来年の年賀状を如何しようかと悩んでいるんですが…プリンターを新調すべきか…いやでももうそんな使わな…(以下略)。

とか悩んでて、実家帰ったついでにプリントゴッコなる前時代の代物を持ち出したものの…使えると良いなあ…。
必要パーツ足りなくなりそうだけど…つかもっとあった筈なので、また取りに戻るのか…と言うか、使えんのかコレ…(白目)。
あとプリゴにすると、絵柄の刷分けが難しいので如何したもんかなあ…主に一般向け。何か適当な市販品買うか…。
多色刷り楽しいんですけどリスクが高い気がするので、手塗り織り交ぜようかなあ…。


あ、そうそう。
ついでに家探ししてたら、古い原稿コピーが大量に出て来たんですよ。
多分10年くらい前の絵


多分、殆どがデジタル移行(05年)以前ですかね…。
ダ・ガーン本のゲスト関係の原稿、1作品(画像左側中央辺り)だけ出て来なかったのも発掘出来たので、頃合を見計らってpixivにでもアップしたいと思います。

他のは…ちょっと考えとく(白目)。




以下ジャンプ云々。


続きを読む

実は、ソウルキャッチャーズ(WJの吹奏楽マンガ)も最初から読み返したい気もする…。

上の3冊は特に関係ないと言うかまだ読んでない


と言う事で、「クロス・マネジ」3巻と4巻引き換えて来たでござる。
相変わらず早見先輩の気の毒さ加減とか、龍にいちゃんの大概さ加減とか、若本くんの見透かすスキルとか……あとまあ、櫻井と豊口まじてんし(*´Д`)ハァハァ
4巻中表紙のミュシャ風もすてきだけど、26話扉絵の盾と矛装備した櫻井くんの…左肩怪我して包帯してるのとかえろくてすてき…(*´Д`)

「バードメン」はコミック発行ペースがゆっくりそうなので買ってみたものの、よく考えたら「終末のラフター」も買えば良かったなあ…。「結界師」は思ったより巻数あるんだよな…。アニメ放送してた時に(全部最初から読み返したいけど)取り敢えず16巻くらいまで欲しいとか思いながら今に至ってたりして。


上の3冊は姉さんの購入物。まだ読んでないので読まなきゃ…と言うかバガボンド、何処から読んでないのやら(;´Д`)



そんな訳でジャンプ。


続きを読む

このページのトップヘ