STAR*COMIC2

そーうけとメガネが大好物な、平井みのこ の痛い日々日常。

June 2015

さかきせんせいおたおめえええええ(※画像なし) 


…思うところがあって、2年以上放置してる小説を如何にかしようかなーとか思ってるんだけども、案の定と言うか話がとっ散らかってて如何したものか…と、取り敢えず箇条書きから。 

内容や時間制約にもよるんですが、プロットを割と細かく書くタイプの様で、でもそうするとだいたい話が進まない。漫画だと収められる情報量に限りがあるので細かく出来ても端折ったりしますけど、小説は際限がないしでも書きはじめると失速してしまうので、適度に帳尻だけ合わせて勢いで書いた方がいいのかもしれない…とちょっと思ったりしました。ああ色々ままならない。



アニメのワートリは、大規模侵攻終盤の畳みかけが見事だったなあと言うここんところのザックリ感想。レプリカ先生、ラストあんな扱いだったけど( ;∀;) 
三雲くんの回想シーン、原作の(言葉通りの)三雲くん目線で進行するのが好きだったのだけど、あれアニメでやるのは流石に難しいか…。 また三雲くんを見舞う面々が掘り下げられてたの、すごく良かったです(*´Д`) 
特にコナミせんぱいと木虎さんのところが。

そんな訳で今週のジャンプ。




続きを読む

某ライブアライブコラボのアリシア、乳でけえなあ…(遠い目) 

と言うか、中世編以外も何かアレすればいいよ!すればいいよ! 
そう言えば、わたし初めて中世編やった時の記憶がない。オルステッドの名前はカインにしてたのは覚えてる。 



それはそれとして、横島くん&椎名せんせいお誕生日おめでとうございます!!!

ショタ島くん


と言う事でネタと構図に四苦八苦して結局ショタ化とか。しかも色塗ってねえ。
最初描いたラフは、姫抱っこされてた…。



続きを読む

青山せんせい&キッドさんおたおめー♪ 
…って昨日、日記書こうか悩んでるうちに日付変わってた…(;´Д`) 

キッド誕


思い付きの雰囲気絵と言うか、最終的に塗った色の面影ないくらい色味が変わっちゃったよね。
そして相変わらず、キッドさん描くの難しい…。



それはそれとして、今週のジャンプ。


続きを読む

突然のシロエさんだよ。

手ツイおためし


手ツイ試してみたんですが、よく考えたら手ブロの使い方良く分かってなかったんだと思い出すなどと。
なんでこんな水彩っぽくなっちゃっただろうか…(;´Д`) いやいいんだけど。

---

「100人の兵士の中で、10人は足手まといで80人は単なる標的。
9人のまともな兵士で実際に戦い、1人の戦士が他の全員を助け戦場から帰還させる」

何処で見たんだか出典元とか結構調べたのに判然としなくて(人数・比率以外の大半が)適当な言い回しで恐縮ですが、ログホラの<冒険者>を見ていて、この比率って彼らにも通じるところがあるんじゃないかなあと思うんですよ。
(必ずしも)戦場ではないけれど、アキバ勢にしてもミナミ勢、あと一応ススキノなども含めて、エルダーテイルという異世界を(みんなと共に)生き抜こうという覚悟と危機意識があるのは<円卓会議>や<十席会議>の関係者(いや本当に危機感があるのは幹部内でももっと少ないのかもしれない)くらいで、何だかんだで<冒険者>の大半が、結果的にその何とか頑張ってる誰かの恩恵で如何にか今を生きてる訳で。

そう考えるとシロエさんは「1人の戦士」になり得るのかなあ…如何なのかなあとか思いながら、なろう更新を心待ちにしてたりする訳ですが、まあそれはそれで。


---

そんな訳でログホラ1期…11話どころか10話の感想すっかりスルーしてたの思い出したので10話(とマサチュ話しかしてない9話のクロエさん無双部分)の感想文。11話はまた後日。と言うかいい加減ジャンプの感想に捻じ込むの止めよう…(;´Д`) 

10話の見どころは9話の答え合わせに加えて、シロエさんの黒い部分と白い部分の対比だろうなあとか思う訳ですよ。

黒い策を巡らせ、大手ギルドマスターを前にしながら正しく<全力管制戦闘>を行ったシロエさんだけども、本質はカレー好きで、自分を慕い自分のギルドに入りたいと願う子供たちに対して「え…あ…」としか言えず、班長に「ギルドマスターなにやってるにゃ(意訳)」って促されないと自分がギルドマスターだって自覚を思い出せない子なんですよ。
ああもうシロエさんかわいい。



折角なのでもうちょっと。






続きを読む

何はともあれ、LIVE A LIVEバーチャルコンソール配信おめでとう!

権利関係が難しすぎて「可能性ほぼゼロ」からの配信決定なので、WiiU環境ないけどそれでも嬉しいよ…(´Д⊂ヽ 
3DS配信じゃなくても泣かないッ!!!取り敢えず、イカゲーム目的で本体買った層を混乱や恐怖に陥れ…いや何でもないです。取り敢えずサンデークラスタはやればいいと思うの。


VC配信おめでとう!


と言うことで嬉し過ぎておぼろ丸さん。
ウチのおぼろ丸はヨシユキ装備。姫(?)なんか助けに行かない。



なお、7編構成(+α)で構成されるLIVE A LIVE。幕末編の主人公おぼろ丸のキャラデザは青山せんせい。
恐らくタイミング的に、コナンの連載準備前くらいにこのゲームの仕事してた模様。

あと、おぼろ丸さん描いたらサンデー読んでる時間も感想書いてる時間もなくなったので後日追記しま………したっ!!!

続きを読む

このページのトップヘ